紫陽花の季節の風邪



そろそろ紫陽花が彩りを添える季節が近づいてきた。

華やかな紫陽花の彩りが、梅雨の重苦しい空気を明るくしてくれる。


毎年のことだが、何故かこの時期にいちばん風邪をひきやすい。

それは、傘を持たずに出かけてしまい、雨に打たれてしまうから・・・

五月の雨は平気なのに なぜか六月の雨では風邪をひいてしまう。

いや

正確には「風邪をひきかける」のであるが・・・・



この時期の風邪は『湿邪』の風邪

インフルエンザや他の風邪にはほぼかからないが、なぜかこの『湿邪』にだけはは弱い。



この『湿邪』が身体に入るとすぐに気付く。

身体の水の「滞留間」と『湿邪』独特の「不快感」が体内にあるのを感じる。

「あ、これは湿邪だな・・・」

ということですぐに対処をします。


滞留した気・血・水を動かすこと

そのため【お灸】を使います。

市販の【せんねん灸】などで、まずは胃経の【足三里】と肝・腎・脾の三つの経絡が交わる【三陰交】を起点に灸をすえて血と水を動かします。

それ以外に経絡上にツボをとり、2~3か所同時に灸をすえます。

それだけでも十分ですが、手の方にある肺経の【尺沢】と大腸経の【手三里】にも灸をすえて気・血を動かします。

これで気・血・水の三車輪がめぐり、風の症状が出る前に『湿邪』を流してしまいます。

たっぷりと水分を摂り身体を温めておけば、風邪の症状に振り回されることなく『湿邪』を外に流してくれます。



風邪は人の虚を突いて侵入してくるものです。

うっかり傘もささずに「大丈夫だろう」とタカをくくって侵入を許してしまった自分を反省し、虚を実にして邪の居づらい身体へ戻してやるということ。

免疫力を高めるというのは、身体だけでなく『心』も大切です。

たかが「風邪」を見くびらず、油断せず、心身大切にする心がけが大事なのだと思います。


コロナも風邪

基本は変わらないものです。



とはいいつつ、毎年油断してしまっているからやられているわけですから・・・・

反省ですね。





霊身一致の癒奏術 Yuragi Therapy by 響庵

心と身体と魂を癒す三位一体癒しを奏でるヒーリング&ボディ・メンタルケアサロン【響庵】 独自の整体技術、ヒーリング技術をリラクゼーションに織り込んだ【癒奏術・Yuragi Therapy】で、心と身体から魂までも霊体現体一致の【癒し】を届けます

0コメント

  • 1000 / 1000